愛知県の人と人との信頼・絆を大切にするいい会社に関するブログ | 株式会社経営システム研究所は愛知県で、いい会社つくりを考えている企業様を応援しています。

株式会社 経営システム研究所
お問合せ
ブログ
2017年10月24日 [ブログ]

愛知のいい会社つくりの経営システム研究所から、働き方改革

いい会社つくりは愛知県の株式会社経営システム研究所です。今日は衆議院選挙も終わり、働き方改革を考えてみたいと思います。
最強の台風が来るということで、天気のよかった日に家内と二人で期日前投票に行きましたが、大変な混みようでした。投票日当日は朝から雨で投票率も下がるなと思いました。家の近くにも選挙事務所があり元気に選挙演説に奔走していましたが、落選してしまいました。
さて本題の働き方改革ですが、残業時間を月に80時間、100時間にするようなことが伝わってきますが、電通のべらぼうな長時間残業から比べれば、確かに短くなるような気になりますが、まだまだ自分の生活を楽しむようなレベルではありません。
疲労の蓄積が認められる者が医師による面接指導の申し出を行った場合には、月80時間を超えた場合は医師による面接指導は努力規定で、100時間を越えた場合には実施しなければなりません。残業80・100時間は安全衛生法上では、決して安心できるレベルではありません。
いい会社では長時間勤務は無縁なものと言えます。未来工業では残業は0です。定時になれば電気も消されます。伊那食品工業でも急成長するときには、社員に無理をさせることになり、健康を害するようなことになるため、そのような取引は断ったりしている。
ドイツの年間平均労働時間は先進国の中では最も短い。そして1日10時間を越える労働は法律で禁止されている。有給休暇もほとんど残さず取るそうだ。そして2〜3週間の長期休暇も取るが、高い経済成長は維持している。日本でも取り入れ可能なところもあると思いますので、じっくり検討して頂きたいと思います。
いい会社あるいはドイツなどはワークライフバランスが取れ、仕事と家庭が両立し、幸せで心も豊かになっているものと思います。働き方改革も単純な残業時間の数値を変えるだけではなく、豊かな心を育むような政策をお願い致します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop