愛知県の人と人との信頼・絆を大切にするいい会社に関するブログ | 株式会社経営システム研究所は愛知県で、いい会社つくりを考えている企業様を応援しています。

株式会社 経営システム研究所
お問合せ
ブログ
2017年07月26日 [ブログ]

いい会社つくり推進を愛知県社会保険労務士会に検討依頼

いい会社つくりの、愛知県の株式会社経営システム研究所からの連絡事項です。
私は元々社会保険労務士で愛知県会に所属しています。今日は、社会保険労務士会に人を大切にする経営学会中部支部設立の連絡と、「いい会社つくり」を社会保険労務士会として推し進めて頂けないか、経営学会とコラボして「いい会社つくりは社会保険労務士」と、社会に発信して頂けないか、検討依頼をお願い致しました。
私は開業当時から仕事は結果の処理ではなく、予防することを仕事にすると言ってきました。例えば労災事故、事故が起きれば本人以外に家族も悲しみ、周りの人たちも心配してしまいます。そうしたときに我々社会保険労務士は、労災の給付を受ける手続きを致します。もちろんこの仕事も大切な仕事ではありますが、常日頃から安全衛生に力を入れ、皆さんが悲しむことがなくなるようにすべきだと思っておりました。そのため、毎月国内5都市で安全管理者選任時研修を行ってきました。多くの方に受講して頂きました。ヒューマンエラー研修もこれから重要な研修と考え、東京で行ってきました。昨日ニュースで東京慈恵会医科大学付属病院が肺がんの疑いを指摘した検査結果を1年放置し、患者の容体が悪化し亡くなった事件も典型的なヒューマンエラーです。結果が出てからでは遅いのです。予防するのです。
労使トラブルは会社の中に原因があり、その結果としてトラブルが表面化したものであります。労使トラブルに対し、社会保険労務士はあっせんというかたちで和解させることをしています。しかしながら結果に対する処置に過ぎず、火種は残ったままです。人事労務の専門家社会保険労務士として原因を取り去ることが必要と考えます。
そのためには「いい会社つくり」を行い、トラブルのない、メンタルヘルスの不調もない会社をつくるべきだと思います。私は今年「いい会社つくり」の仕事をするために、ホームページを作り変え国内に発信し、社員等皆さんが幸せになる、そんな会社つくりに微力ながらお役に立ちたいと思っております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop