安全管理者|株式会社経営システム研究所は愛知県で、いい会社つくりを考えている企業様を応援しています。

株式会社 経営システム研究所
お問合せ

安全管理者選任時研修

安全管理者とは

ハインリッヒの法則拡大表示

安全管理者(労働安全衛生法第11条)
一定の業種及び規模の事業場で、安全衛生業務のうち安全に係る技術的事項を管理致します。

安全管理者の選任基準(労働安全衛生施行令第3条)

業種 事業所の規模
林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業 製造業(物の加工業を含む)、電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業、各種商品卸売業、家具・建具・じゅう器等卸売業、各種商品小売業、家具・建具・じゅう器等小売業、燃料小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業及び機械修理業 50人以上
【規模】
常時使用する労働者数のことを言います。 正規社員の他、パート社員・アルバイト社員・派遣社員も恒常的に一定の人数がいる場合は、常時使用する労働者に含めます。
【事業場】
一般的に本店・支店とあった場合には、それぞれが事業場です。

安全管理者の選任(労働安全衛生規則第4条)

安全管理者の選任は、上記の業種の事業場で選任事由が発生した日から14日以内に選任し、遅滞なく所轄労働基準監督署へ報告する必要があります。

安全管理者資格要件(労働安全衛生規則第5条、昭47年10月 労告138)

次の資格要件に該当し厚生労働大臣の定める研修(安全管理者選任時研修)を修了しなければなりません。

理科系等の課程を修めて卒業
大学または高等専門学校を卒業し、その後2年以上産業安全の実務に従事した者
高等学校または中等教育学校を卒業し、その後4年以上産業安全の実務に従事した者

理科系等以外の課程を修めて卒業
大学または高等専門学校を卒業し、その後4年以上産業安全の実務に従事した者
高等学校または中等教育学校を卒業し、その後6年以上産業安全の実務に従事した者

職業能力開発促進法施行規則に定める職業訓練 修了
高度職業訓練を修了し、その後2年以上産業安全の実務に従事した者
普通職業訓練を修了し、その後4年以上産業安全の実務に従事した者

職業訓練法施行規則の一部を改正する省令に定める職業訓練 修了
普通職業訓練を修了し、その後5年以上産業安全の実務に従事した者

その他
7年以上産業安全の実務に従事した者

修了証再発行

過去に弊社で安全管理者選任時研修を受講された方で、修了証をなくされた方に修了証を再発行致します。
「問合せ」ボタンから必要事項を記入しメール下さい。

再発行手数料
・再発行手数料 4,860円(税込)/人
・振込手数料はお客様でご負担下さい。領収書の発行は行いませんので利用明細書等で代替お願い致します。
必要事項
・受講者の氏名、生年月日、受講年月、受講都市名
・送り先郵便番号、住所、会社名、部門、氏名、電話番号、メールアドレス

お問合せフォームへ

PageTop